愛車の美しさを維持するために

自動車を運転していて避けられないのがキズです。
扉を開け閉めするだけでドアノブに擦り傷がついてしまいます。
走行していると周りから小石が飛んでキズがついてしまうこともあります。
このようなことが起こらないようにするためにプロテクションフィルムを施工して綺麗な自動車を守ることが可能です。
フィルムは柔軟性があって鋭利なものがあたっても耐久性があるということ、そして曲面にも貼り付けが可能です。
塗装の美しさを維持できます。

プロテクションフィルムの施工時間

プロテクションフィルムの施工時間 自動車に乗っていてキズが付きやすいところは毎日扉を開け閉めするドアカップがあります。
黒系統の自動車はすぐに傷がついて目立ってしまうので対策が必要です。
走行していると高速道路などでは前の車から飛び石を受けることがあります。
スピードが出ている高速道路では塗装が剥がれてしまうこともあります。
いつも前に車がいない状況を作ることは難しく車に何らかの対策が必要です。
そこでプロテクションフィルムを施工します。
時間は一日もあれば実施することができます。
プロテクションフィルムの柔軟性を保護力によってドアカップの傷も防ぐことができ、走行中の飛び石からも大切な自動車を守ることができきるようになり、剥がせば新車の塗装に戻せます。

プロテクションフィルムの施工が複数箇所の場合。

プロテクションフィルムの施工が複数箇所の場合。 プロテクションフィルムの施工が複数箇所の場合は、一度に施工することをお勧めします。
プロテクションフィルムの施工はフィルムを貼る箇所や貼る範囲の広さによって価格が変わってきます。
貼る面積が広ければ広いほど必要となるフィルムが多くなるので価格も高くなります。
もちろん希望する箇所から順次期間を空けて貼っていくことも可能ですが、プロテクションフィルムの目的がボディの傷を防ぐためということを考えると一度に貼ってしまうことをお勧めします。
車のボディは紫外線や風雨などにさらされワックスなどで保護していたとしても経年劣化してしまいます。
そうなるとプロテクションフィルムを貼ってある場所と貼ってない場所の差が出てきてしまうこともあり得ます。
最初に貼ってある場所と貼ってなかった場所に後からフィルムを貼ってもフィルムが無色透明のためその差を隠すことができません。
パッと見では分からないような差かもしれませんが気になってしまう場合も多いです。
そうならないためにもプロテクションフィルムを貼るときは最初からフルラッピングをすることをお勧めします。
フィルムのラッピングもコースなどがありますが、フルラッピングの方が数回に分けて貼るよりも価格がお得になる場合がほとんどです。

プロテクションフィルムをお考えの方に

プロテクションフィルム 施工

新着情報

◎2019/6/12

プロテクションフィルムの性能を発揮する
の情報を更新しました。

◎2019/4/3

プロテクションフィルムの洗車方法
の情報を更新しました。

◎2019/1/25

部分的な張替えは可能?
の情報を更新しました。

◎2018/11/30

サイト公開しました

「プロテクション フィルム」
に関連するツイート
Twitter